東京⇔伊東の生活の中から私達が大切にして暮らしている四季が香り立つ「美人スタイル」な生活を紹介。



トマトがたくさん実をつけました!!

大玉・中玉、今年は数種類を植えました。たくさんの栄養を吸ってこんなに元気に育ちました。
雨や風にも耐え、虫の害は多少ありましたが、水やりを2回でもトマトはぷくぷくにみずみずしいんです。
お肌や健康のためにたくさんいただきましょう。



夏野菜がぞくぞくと収穫の時期を向かえてます!!

枝つきです。 先週第一弾の収穫をしました。しっかりと味のする、感動的なお味です。 あまりの美味しさをどーぞ!!ノーメイクで失礼しまーす・・・(笑)
ブルーベリーの畑は鳥の害を防ぐ為、あみの中です。 収穫中にパチリ。 歯ごたえのあるししとうなので、煮物にも適しています。R
丈が長くなる種類です。すっかり夏野菜の定番となりました。 自家製野菜をクッキング。茄子とゴーヤのしょうゆドレッシングあえ。ビールに合います。R はやくも立派な姿に。
おいもができるのが待ち遠しい!! 生命力、のようなものをとっても感じます。 秋にはおいしく登場です。
収穫のタイミングもなかなか難しいものです。 今年はきゅうり、豊作でした。とってもジューシーでした。 あと少し!!ピーマンです。分かるかな?
こんな姿で畑にいます。ズッキーニです。 ズッキーニと牛挽き肉のファルスズッキーニに牛挽き肉とチェダーチーズを加えたイギリス料理です。 厚めにスライスして熱いうちにどうぞ。
                REIKO





種類別に撮影したものがあったので、比較しやすいと思い掲載してみました。
見ただけでもおわかりと思いますが、粒の大きさも種類によってそれぞれです。
ということは味もそれぞれ。大粒のティフブルーは甘味も抜群で生食に適しています。
中粒のブライトウェルはバランスのとれた味、甘みと酸味が絶妙です。
パウダーブルー、ブルーシャワーは甘みももちろんしっかりとした果皮が果実味を
ふくらませてくれます。加工用にも適した種類です。
小粒のデキシーは、ブルーベリーらしいきれいな紫色、小さいながらも中身はギュッと
凝縮されていて、一番果実味のある種類です。発色もよいので加工用に適しています。




旬の食材をつかって、おもてなし

わが家でささやがながらホームパーティを開催。
自家製野菜のお料理でおもてなししました。

料理:
・鯛のハーブグリル ローズマリーの香り
        じゃがいもとズッキーニを添えて

・インゲンのマスタードドレッシング和え
         ハチミツ風味

・かぼちゃと厚切りハムのハーブマリネ

・おくらのキッシュ

・ドライなシャンパンにブルーベリーをうかべて


鯛のハーブグリル ローズマリーの香り
        じゃがいもとズッキーニを添えて


一尾丸ごと調理します。
1.内臓を処理した鯛の水気をふきとります。

2.背中の少し下の部分、裏側も同様に魚に平行に
切れ目を入れます。

3.内臓をぬいた腹の中、表と裏の切れ目にスライス
したにんにくとローズマリーを詰めます。はみださない
ようにギュッと入れ込むのがコツ。ここから焼きながら
香りがしみこみます。

4.焼き網がグリルでもOKです。ここではオーブンで。
オリーブオイルをしっかりかけて、身がぷりぷりと
われる位焼くのがイタリア流。

5.ソースは、にんにくみじん切り、オリーブオイル、
レモン汁、塩、パセリのみじん切り、こしょうの順に
まぜてたっぷりかけます。

6.最後にじゃがいもとズッキーニのソテーを添えて。

材料(3〜4人分)
鯛1尾、ローズマリー、ズッキーニ、じゃがいも
ソース(にんにく、オリーブオイル、レモン汁、塩、
胡椒、パセリのみじん切り)
                        REIKO






ニホンミツバチは西洋ミツバチと違い、ハチミツの採取は年1回です。西洋ミツバチは、蜜源となる植物は300種類以上あり、その開花時期もそれぞれ異なるため、多様な蜜が採取できます。

ニホンミツバチは、今の時期に新しい住みかを探し、蜜を採取し、貯蔵してその間に栄養分が熟成し濃縮され、西洋ミツバチよりは少量となりますが、風味のあるハチミツが秋に出来上がります。

皆さんのご存知のハチミツは、蜜源となる植物の名のついた西洋ミツバチのハチミツが主と思われますが、色、香り、味も多様で楽しめますね。ニホンミツバチのハチミツは熟成し比較的濃いめの色で、蜜源の多様性から、強めな果糖の甘味で独特の風味が楽しめます。

今年は、9月半ばにはおいしいハチミツができあがります。
ぜひお試しください。


ベジフルビューティーアドバイザーKEIKOのブログ

今日は、8月3日。「ハチミツの日」なんです

「I LOVE HONEY」なわたし。このハチミツは、日本ミツバチから
とれたものです。 私の父が趣味で養蜂をやっているので、
このハチミツもMade in 我が家なんです。

ハチミツには、西洋ミツバチからとれるハチミツと日本ミツバチ
からとれるハチミツの2種類があるんです。ご存知でしたかぁ??

「ハチミツ」は、ミツバチがお花の蜜を集めその糖分を分解して
巣に蓄えたものを言います。

西洋ミツバチのハチミツには、アカシアやレンゲ、ミカンなどの
種類があって、色々なお花や果実の蜜を楽しめますそして、
年に何回もハチミツをとることができます。

               続きはKEIKOのブログ




夏は様々なイベントがめじろおし。
楽しむ機会も多いものです。
ということで、せっかくなのでお休みの日は
浴衣や夏の着物でお出かけして、
夏気分を盛り上げています。
着物類は全て亡き祖母のお手製なので、
祖母の事を思い出しながら大切に着ています。
見ていてくれるかしら。

最近は浴衣や着物の女性が本当に増えましたね。
ステキだと思います。華やかでかつ日本的で、
ぜひ私達が継いでいきたい文化のひとつですね。

(六本木にて)
             R            REIKO 
      
七月の半ば、伊東の実家の地区は夏祭りがありました。夏祭りのひとコマです。 パパが地区の役員をしているのでおまつりのお世話役です。詰め所の前で お散歩しながら海まで15分。気持ちよい風が。鯵を釣っている方がたくさんいらっしゃいました。

リンク>>
菊間農園サイト

商品購入サイト



REIKO(姉)
ヘルスケアトレーナーとして、各界の著名人への対応の経験を持つ。トレーニングのみならず、食事や心の健康といった面からもアプローチし、身体と心のバランスを常に念頭におき、「美しく生きる」が自己のテーマ。
その後、フリーライターとして活動する。健康や食に関する知識のみならず、花や日本文化への造詣も深い。
和服の着付の指導師、華道師範、フラワーアレンジメント講師等の肩書きももつ。
東京の生活と伊東の生活をバランスよくおりまぜて、都市生活とスローライフの両方を語れる「美しい生活」のナビゲーター。



KEIKO(妹)
大手自動車会社勤務後、"美と健康”を身体の内側からケアしたいと考え、ベジタブル&フルーツマイスター、ベジフルビューティーアドバイザーを取得。
最近では、薬膳アドバイザーの資格も加わり、「美・医食同源"美味しく・美しく・健康に”」をコンセプトに、野菜・果物からアプローチする"美的薬膳”を推奨中です。
和服からトレンドのお洋服までを着こなす"おしゃれ美人”でもあります。

KEIKOのブログ:
『Miss VegeFlu』







取材のお問合せや皆様からのメッセージをお待ちしています。商品の販売につきましては、宅配便の代引き決済で対応させていただいております。お名前、住所、電話番号、商品、お届け希望日を明記の上、下記アドレスまでお申込みください。私達が責任をもって対応させていただきます。

kikumafarm@gmail.com


バックナンバー

2008年
4月
5月
6月
7月上

7月下
8月
9月
10月

11月
12月
2009年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月

9月
10月
11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
2011年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月
9月
11月
12月
2012年
1月
2月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
10月
11月


2013年
1月
2月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
10月
11月
2014年
1月
2月
3月
5月

6月
7月
8月
9月
11月
2015年
1月
5月
8月
11月

2016年
6月