東京⇔伊東の生活の中から私達が大切にして暮らしている四季が香り立つ「美人スタイル」な生活を紹介。



自家製こんにゃくを作りました。

こんにゃく芋の収穫を待って、こんにゃく作りが始まります。
皆さん、こんにゃく芋ってみたことあります?写真の通り、「お芋」です!!
この姿から、あの板状のこんにゃくはなかなか想像できませんよね。
このお芋さん達に、手間ひまかけて、美味しい歯ごたえのあるこんにゃくを作る工程を下記で紹介します。
味のしみ具合、歯ごたえ、食感、手作りでしか出せない優しい極上の味わいです。


@掘り出したこんにゃく芋。 Aこんにゃく芋1.5kgを用意します。 B芋が柔らかくなる程度、蒸します。 C芋165gに対して、お湯500mlを入れ、9回に分けてミキサーにかけます。
D精製ソーダ(食品添加物)105gを、お湯300mlで溶かします。 E次にCを鍋に移し、Dを混ぜて、ヘラでまんべんなくまぜると、ねばりが出てきます。 F型にながして、一晩おきます。翌日、適当な大きさに切り分けます。 G沸騰したお湯にこんにゃくを入れ、アクをとったら、出来上がり。




鶏手羽中と野菜・こんにゃくの煮込み




<材料>
手羽中(2〜4本)、こんにゃく1枚、大根(半分)
ピーマン(2ヶ)[みどり野菜は色どりなので、
ブロッコリー、いんげん、大根の葉などでもOK]
だし汁 4カップ
砂糖、しょうゆ、みりん 各大さじ 4 1/2
サラダ油 大さじ4、しょうが1片

<作り方>
@手羽中は水洗いし、味がしみやすいように骨の間に切り込みを入れます。大根・こんにゃくは乱切りにします。
A鍋にサラダ油を熱し、手羽中、大根、こんにゃくを油がなじむ位に炒めます。
Bだし汁、しょうがを加え、煮立ったらアクを除いてひと煮します。
Cさとう、みりんを加え、おとしぶたをして中火で煮ます。
D大根に串がとおるほどに柔らかくなったら、しょうゆとピーマンを加え、味がしみて煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。

かさごの煮付け
よいかさごが手に入ったので、
甘辛く煮ました。
大根の葉としいたけをそえて
冬瓜と毛ガニのクリーム煮
冬瓜は淡白な味なので、
和・洋色々な料理に合います。
毛ガニが手に入ったので。
クリームソースとカニは好相性。
こんにゃく、白菜、鶏つみれの煮物
こんにゃくレシピをもう一品。
我が家の白菜をつかって、鍋風に
煮込んでみました。


おいも、鮭、あしたば のかわり揚げ

●あしたば
<材料>片栗粉 大さじ1、小麦粉 1/2カップ、塩 小さじ1/3
ベーキングパウダー 小さじ1/2
<作り方>@上の材料と水カップ1/3をまぜ、最後にサラダ油を加えて、さっくりまぜる。冷蔵庫に20〜30分入れて、冷やしてから使う。
A油を中温に熱し、材料を衣にくぐらせ、揚げる。

●さつまいも
さつまいも、半分はあしたばの衣で、残り半分はあしたばの衣にカレー粉小さじ1をからませて、中温で揚げる。

●鮭
<材料>卵白1ヶ分、片栗粉、黒ごま・白ごま
<作り方>@生鮭は食べやすく、一切れを4つに切り分けて、塩・酒を少々かけておく。
A卵白は溶きほぐしておく。
Bキッチンペーパーで鮭の水気をふきとり、片栗粉をまぶす。
C余分な粉をはたき、卵白にくぐらせ、鮭半量に黒ごま、残りに白ごまをまぶす。
D中温に熱した油に鮭を静かに入れ、ときどき返しながら、軽く色づくまで揚げる。


「冬の準備」

日がな一日と、日没も早くなり、夕方にはぐっと冷え込みます。
畑で作業をしていると、特に感じます。夏は19時過ぎまで明るかったのに、
今日では17時前には・・・。午後の作業はスピードアップして行わなければ!!!
蒔いたり、収穫したりだけが畑の作業ではなく、夏の野菜を取り終えたものを
根から抜く作業、つるをはずす作業、畑をならす作業等、一年を通して
「起・承・転・結」つながっているんですね。
畑の自然に感謝をこめて耕したり、きれいに草取りをします。
地味な作業ですが、草取りをしてスッキリしたのをみると、爽快なんです。


畑を耕し、豆類の種を蒔きました。こちらはスナックエンドウ。 空豆の種をポットに植えました。ブルーにコーティングされてます。 こちらは、きぬさやえんどう蒔く前に水にひたします。
ミニ白菜も大きくなってきました。薬は使っていないので、どうにも虫が食べにきてしまって・・・ こちらはブロッコリー。 秋の味覚、きのこを収穫。
大根の畑。土寄せしました。壮観です。 大根、よく育ってます。 里芋たくさん収穫できました。美味しい料理、たくさん思いつきました。
レモンが太陽を浴びて色づいてきました。 みかんもたくさん実をつけてます。かつては一面がみかん畑でした。 酸味と甘味がキュッとはじけます。木の手入れもしていませんが、毎年ちゃんと実をつけてくれます。




ベジフルビューティーアドバイザーKEIKOのブログ
「おさだ農園」さんを訪ねて


赤沢で温州ミカンをはじめとする柑橘類やお野菜、西洋ミツバチの養蜂などを営んでらっしゃる
「おさだ農園」さんを訪問させて頂きました。ミカン畑だけでも2.8ヘクタールという広さ、
野菜畑を含めると3.5ヘクタールもあるそうです。一人では、迷子になるくらい・・・広大な敷地です。
伊豆高原の先にある「赤沢」。緑が豊富に残る山の一斜面に長田直巳さんの農園はあります。
「安心・安全」な果物・野菜作りを目指されて、無農薬、有機肥料で栽培されています。
⇒続きはKEIKOのブログ

※「スパイスさえあれば料理上手!」にKEIKOのレシピが掲載されました!!よろしくね!!(KEIKO)



秋晴れの日には車でのドライブが楽しい
伊東周辺の観光名所を案内

●大室山から眺めた海
晴天に恵まれ、気持ちのよく澄んだ空、海。すり鉢状の頂上なので、360度の視界が楽しめます。
房総や大島も望めます。

●城ヶ崎海岸から望んだ大室山
こちらは海側から。山と海、一度に楽しめるのは伊東ならでは、ですね。

●伊豆高原にあるフランス菓子「CRICKET」さん。
自宅でとれた栗や果物等を使って、丁寧に美味しく作ったかわいらしいケーキが並ぶお菓子屋さん。
女性にも食べやすいサイズなので、ひとつといわず、ふたつ、みっつと、ぜひどうぞ。焼き菓子等も
おいていらしゃるので、通販やインターネットでも購入できます。(喫茶は今はお休み中だそうです。)



暖香園は今日もにぎわってます。

●立派な「暖香園」の額がフロントに。「暖香園の看板娘」と共に「暖香園の顔」
●お好みコーナー前で。美味しい御殿場高原ビールが飲めますよー!!いらっしゃいませ。
●おなじみの「暖香園」さんロビーで。いつもきれいな生け花が迎えてくれます。
ゆうこさんの修業をまって、これから皆で食事に出掛ける前にパチリ。
●では、夜の伊東の街に行ってきまーす。この後、ゆうこちゃんとKEIKOさんの同級生のお店、
「月あかりさん」へ。





箱根にて

伊豆と並ぶ観光名所である「箱根」に行ってきました。
紅葉が五分位?これからもっと色づくと思われますが、
それでも満足な紅葉を楽しんできました。
湖から眺める紅葉もよし、山の上から眺める紅葉もよし、
四季のうつろいを全身で感じ、四季のある国に生まれてよかったなと、感動。
色々なものや景色をみて、感じる心、持っていたいですね。

彫刻の森美術館にて。幼稚園の遠足からはじまり、何十回?と足を運んだはずですが、何故か楽しい彫刻の森。 大涌谷にて。平日にも関わらず大賑わい。もくもくとあがる噴煙と硫黄の臭い。地球のエネルギーを感じ、パワーをもらってきました!!お約束の黒卵。お約束通りにいただきました。けっこう美味!!!
ちょうど箱根の大名行列の日でしたので見ることができました。箱根の風物詩、これを見る為に何時間も前から人の列の多さにびっくり!!昔はこうして歩いて江戸に上ったと、しみじみ感じたのでした。

リンク>>
菊間農園サイト

商品購入サイト



REIKO(姉)
ヘルスケアトレーナーとして、各界の著名人への対応の経験を持つ。トレーニングのみならず、食事や心の健康といった面からもアプローチし、身体と心のバランスを常に念頭におき、「美しく生きる」が自己のテーマ。
その後、フリーライターとして活動する。健康や食に関する知識のみならず、花や日本文化への造詣も深い。
和服の着付の指導師、華道師範、フラワーアレンジメント講師等の肩書きももつ。
東京の生活と伊東の生活をバランスよくおりまぜて、都市生活とスローライフの両方を語れる「美しい生活」のナビゲーター。



KEIKO(妹)
大手自動車会社勤務後、女性の「美と健康」をカラダ・ココロ・エネルギーのバランスを調えながら、身体の内側からケアして守りたいと考え、ベジタブル&フルーツマイスター、ベジフルビューティーアドバイザーを取得。
最近では、薬膳アドバイザーの資格も加わり、「美・医食同源〜美味しく・美しく・健康に〜」をコンセプトに、旬の食材(野菜・果物)+生薬、スパイス・ハーブなどをとりいれた美しく健康になる為のメニュー「美養薬膳」を提案中。
食材の性質(五性)や味(五味)などを生活者にわかりやすく説明し「食の美・健康法」を伝えています。

KEIKOのブログ:
『Miss VegeFlu』


バックナンバー

2008年
4月
5月
6月
7月上

7月下
8月
9月
10月

11月
12月
2009年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月

9月
10月
11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
2011年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月
9月
11月
12月
2012年
1月
2月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
10月
11月


2013年
1月
2月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
10月
11月
2014年
1月
2月
3月
5月

6月
7月
8月
9月
11月
2015年
1月
5月
8月
11月

2016年
6月
















おすすめリンク

「ホテル暖香園」

伊東駅から好立地にある、伊東で指折りの老舗であり、安心してご利用戴けるホテル。暖香園ボウルもホテル並びに営業されています。子供の頃から家族ぐるみでお付合い。
 



「ナナヴァル」
こちらも駅から至近、パパのいとこのりょうこさんとシェフつねみさんのお店。お友達とも、ご家族ともどうぞ。お店の名前の由来は、りょうこさんに是非聞いてみて!!
 


=================
取材のお問合せや皆様からのメッセージをお待ちしています。
     ↓
kikumafarm@gmail.com
=================