東京⇔伊東の生活の中から私達が大切にして暮らしている四季が香り立つ「美人スタイル」な生活を紹介。




伊東から世界へ

この時期は収穫も楽しみです。毎日新鮮な野菜を収穫ができて味わえるのですから。ついついそのおいしさに食べ過ぎてしまいますが・・・

ところで、最近Facebookを始めました。Facebookのいいところは、伊東で活躍されている方々と新しい接点が生まれるところにもありますが、世界各国の方々とコミュニケーションが図れるところにもあります。

左の写真を海外の野菜作りをしているコミュニティに投稿したところ、1日で500名近い人が「いいね!」やコメントをしてくれて驚きました。
ブルーベリーの楽しみ方

今年はブルーベリーがたくさん実をつけてくれました。大粒なものは生で食べ、小粒なものはケーキやジャムにしていただきました。(写真はブルーベリーを贅沢に使ったケーキです♪)

また、毎年楽しみにしてくれているお友達にお届けしたり、地元の産直市場で販売して、皆様とブルーベリーのおいしさを共有できたのではないかと思います。

さらに、伊東にある素敵なレストランでもブルーベリーを購入いただいていまして、先日食事に行った際にデザートで出てきたブルーベリーのケーキは、これまた贅沢にブルーベリーを使っていただいていまして、生産者としても嬉しい瞬間でした。

夏野菜の収穫真っ最中です。

色づいたトマトをヘタがとれないように丁寧に収穫していきます。 鈴なりに実をつけたアイコ。重さでしなだれています。 黄色のアイコは、フルーツのような食感が特長的です。
手間はかかりますが、糖度が高いいいスイカが収穫できました。 最近はスーパーでも小玉スイカが人気があるそうですね。 スイカの収穫をしていま〜す。
枝豆は鮮度が命。収穫後、すぐに茹でていただくのが贅沢。 獲れたての枝豆は、豆の風味があり格別なおいしさです。 焼き茄子にしてすりおろした生姜といただくのも夏の一品です。
きゅうりの成長は早く、毎日収穫を楽しむことができます。 ゴーヤは、英語でBitter Melonともいうそうですね。 午前中に畑に行くと、綺麗な花を咲かせているオクラ。
ぶどうの房のように大粒な実をつけたブルーベリー。 お盆の時は、朝・夕2回に分けて収穫を行いました。 品種や大粒・ジャム用など分けて収穫をしていきます。
とうもろこし。実も大きくなり収穫の時期を向かえます。 若どりしたヤングコーン。サラダや炒め物に使います。 甘みがつまったおいしいとうもろこしが収穫できました。
肉厚なピーマン。炒めても存在感があります。 ヘタの部分がコルクのようになるのが収穫のタイミングです。 しょうが。味噌をつけて食べのが夏の大人の味です。
中華料理の定番。空芯菜。 若芽を食べるモロヘイヤ。 シソ。素麺やところてんで。
お盆のお供えに使う柿の実。 そして栗。 今年はレモンも期待できそう。
沖縄を中心に栽培されている黄色の島ニンジン。 さつまいも畑は蔓と葉が生い茂っています。 黄色い小さな花は落花生の花。秋の収穫が楽しみです。




ミツバチの習性

巣箱から出てきたミツバチは、巣箱に向けてお尻を突き出していますが何をしているのでしょうか?
実はこの日の気温は30℃を超え、巣箱内の気温も高くなっていました。ミツバチの習性で、巣箱内の温度を下げるために、巣箱の外に出てきて、羽をばたつかせることで、巣箱内に風を送っているところなんです。
写真では分かりづらいのですが、一匹一匹が女王蜂と巣を守るためにする懸命な様子にしばし心を奪われました。




収穫した野菜を丁寧に料理することで、その魅力はさらに引き出されます

きゅうりの生姜・ラー油漬け
たたいたきゅうりを生姜・ラー油・お酢などに漬けて2〜3時間。プロセスチーズも入れてみました。
茄子のディップ
焼き茄子を皮をむきたたきます。にんにく・アンチョビ・レモン・オリーブオイルで味をつけました。
ゴーヤ・茄子・トマトのソーミンチャンプル
夏野菜や豆腐などをほどよく炒め、塩をふっておいたソーメンを加え炒めて出来上がり。
鯵のカルパッチョ
ニンニク・生姜・シソをたっぶり入れて、オリジナルのカルパッチョソースで和えます。
具沢山のチンジャオロースー
収穫したピーマンとタケノコ、下味をつけていた牛肉をオイスターソースで炒めます。
ゴーヤのピクルス
野菜類はサッと茹でて、ケチャップ・レモン汁・ハチミツ・お酢・しょうゆ等を混ぜ合わせ、最後に玉ねぎを。

=================
静岡県伊東市
菊間農園

商品や取材のお問合せ、皆様からのメッセージをお待ちしています。
     ↓
kikumafarm@gmail.com
=================
         






REIKO(姉)
ヘルスケアトレーナーとして、各界の著名人への対応の経験を持つ。トレーニングのみならず、食事や心の健康といった面からもアプローチし、身体と心のバランスを常に念頭におき、「美しく生きる」が自己のテーマ。
その後、フリーライターとして活動する。健康や食に関する知識のみならず、花や日本文化への造詣も深い。
和服の着付の指導師、華道師範、フラワーアレンジメント講師等の肩書きももつ。
長きにわたり、某大手自動車会社に勤務。
東京の生活と伊東の生活をバランスよくおりまぜて、都市生活とスローライフの両方を語れる「美しい生活」のナビゲーター。



KEIKO(妹)
大手自動車会社勤務後、女性の「美と健康」をカラダ・ココロ・エネルギーのバランスを調えながら、身体の内側からケアして守りたいと考え、ベジタブル&フルーツマイスター、ベジフルビューティーアドバイザーを取得。
最近では、薬膳アドバイザーの資格も加わり、「美・医食同源〜美味しく・美しく・健康に〜」をコンセプトに、旬の食材(野菜・果物)+生薬、スパイス・ハーブなどをとりいれた美しく健康になる為のメニュー「美養薬膳」を提案中。
食材の性質(五性)や味(五味)などを生活者にわかりやすく説明し「食の美・健康法」を伝えています。

KEIKOのブログ:
『Miss VegeFlu』


おすすめ>>

つるし雛飾り
伊豆稲取のつるし雛
飾りを販売

ニホンミツバチ養蜂
稀少なミツバチから
採蜜する百花蜜を販売

農園レシピ

畑で収穫した野菜を
使った農園レシピ

食育活動
食の大切さや楽しさを
伝える活動

ホタルの会
ホタルが住める美しい自然環境づくり

KikumaFarm

菊間農園サイト
オンラインショップ


NEWS>>
東京ミッドタウンのミッドマーケットにニホンミツバチを出品。

静岡県男女共同参画課の「さくや姫-160人の女性-」に選出。

日本農業新聞に「はちみつマイスター」としての活動が掲載。


バックナンバー>>
2008年
4月
5月
6月
7月上

7月下
8月
9月
10月

11月
12月
2009年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月

9月
10月
11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
2011年
1月
2月
3月
4月

5月
6月
7月
8月
9月
11月
12月
2012年
1月
2月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
10月
11月


2013年
1月
2月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
10月
11月
2014年
1月
2月
3月
5月

6月
7月
8月
9月
11月
2015年
1月
5月
8月
11月

2016年
6月